世界を信じる

シカゴ公立学校は、仮想化するために組合の投票後にクラスをキャンセルします

( oneechanblog ) – 国内で3番目に大きい学区であるCPSは、オミクロンウイルスの亜種がCovid-19の症例を全国に急増させたため、組合の指導者が危険であると述べた状況で、月曜日に対面学習を再開しました。
組合は火曜日の夜に緊急会議を開き、その代表者(個々の学校の選出​​された組合指導者)による仮想教育に関する投票を行い、25,000人の組合員を電子的に投票した。 投票は73%で、在宅勤務のみのジョブアクションである組合に賛成しました。 ツイッターで言った。

シカゴ公立学校(CPS)は、組合の投票を「不幸な決定」と表現した。

組合は、現在の急増が「実質的に鎮静化」した場合、またはロリ・ライトフット市長とCPSが組合の代表者によって承認された返還の条件を確立する合意に署名した場合、訴訟は終了すると述べた。

「この都市の教育者は、生徒と一緒に建物に住みたいと思っています。教室は子供たちがいるべき場所だと信じています。しかし、今夜の結果が示すように、ライトフット市長と彼女のCPSチームはまだ圧倒的多数に安全を提供していません。学校の」

CPSのCEO、ペドロ・マルティネス氏は、火曜日に投票が行われているときに開催された記者会見で、教師が直接報告することを拒否したことに対して報酬は支払われないと述べた。

「私はそれがグラウンドホッグデーのように感じるとあなたに言わなければならない」とライトフットは同じ記者会見で言った。 「CTUの指導部は、教育、栄養、安全のためにCPSに依存している何十万ものシカゴの家族に害を及ぼす決定を下すよう会員に強いています。それは本当の害です。」

学区は水曜日の終わりまでに家族と学生への学習を再開するための計画を更新すると言いました。

ユニオンは深刻な人員不足があると言います

組合の副大統領であるステイシー・デイビス・ゲイツ氏は、教師は「深刻な人員不足」とCovid-19に対する緩和策の欠如に対処していると以前に述べた。 デイビス・ゲイツ氏は火曜日のCNNの「ニューデイ」で、「学校を開いたままにし、生徒を校舎内に留めておくために必要な緩和策の層は、ここシカゴでは起こっていない」と語った。

学校での不十分なテストは教師にとっての主要な問題の1つであった、と組合会長のジェシー・シャーキーは火曜日に言った。

「テストを行った場合、建物に入ってくる人々がオミクロンの亜種を持っていないことを確認する方法があれば、それは別の問題になるだろうが、それは今起こっていることではない」とシャーキーはCNNのビクターブラックウェルに語った。

「教師たちは、私たちが人々の安全を守ろうとしているという不幸な状況に置かれています。私たちは学校を運営しようとしていますが、それを行うためのツールは与えられていません」とシャーキー氏は語った。

何人かの親は、子供たちが再び遠隔地で学習することを期待して、彼らの欲求不満と落胆を表明しました。

親のCarolinaBarreraTobón氏はCNNに対し、「シカゴ教師組合では、この投票に関する恐ろしい戦術と否定的なレトリックに非常に失望している。CPSのCEOと市長にも同様に失望している」と語った。

「CPSは非常に多くの重要な決定と安全手順の実施にボールを落としました。私は正直に言って、私たちの学校の安全に関する誤った情報が広まった後、教師組合が2週間だけ離れたままでいるとは信じていません」とTobónは言いました。 、インターアメリカンマグネットスクールの1年生と3年生に子供がいて、デポール大学の教授です。

他の人々は、遠隔教育が子供たちに及ぼす悪影響について心配していました。

「また行きます」とハリエット・タブマン小学校の7年生の母親であるナターシャ・ダンは言いました。 「私は学校の閉鎖に完全に反対しています。ジルは8月からほとんど毎日問題なく学校に通っています。」

「彼女は学校に戻ってクラスメートと交流したり、クラブに参加したり、スポーツに参加したりすることにとても興奮していました」とダンは言いました。 「私たちは彼女の成績が向上し、彼女の全体的な気分が良くなるのを見始めました。地区全体を閉鎖することは彼女の進歩を妨げるだけです。」

投票学校が安全であり、子供たちがウイルスによって特に危険にさらされる前に、地区の指導者と市の最高の保健当局は主張しました。

シカゴ公立学校のCEO、ペドロ・マルティネス氏は火曜日の記者会見で、「私たちの学校が安全でないという証拠はない」と述べた。

米国小児科学会が月曜日に発表したデータによると、全国の小児Covid-19症例が記録的なレベルに達し、12月30日までの週の症例数が前週からほぼ64%増加したため、組合の投票が行われました。

しかし、シカゴ保健局長官のアリソン・アーワディは、Covid-19は大人ほど深刻な影響を子供に与えていないと主張した。

「私は人々が怖がっていることを理解している」とArwadyは言った。 「あなたがそれらの数字を見て、それらが高いことを確認していることを理解していますが、特にあなたがワクチン接種を受けている場合、あなたの子供はワクチン接種されています、これはインフルエンザのように振る舞っています、そして私たちはインフルエンザのために、特に長期間、学区を閉鎖しないでください。」

マルティネスと同じ記者会見で、「私は子供たちが対面教育を続けることに非常に満足している」とアーワディ氏は語った。

マルティネス氏は、生徒を学校に通わせることで、学区が家族にアクセスしやすくなり、テストやワクチン接種を受けることができると述べました。

「私がCTUのリーダーシップを含めて、学校を開いたままにし、授業を続けてほしいと懇願し続ける理由の1つは、それが家族に到達するための最良の機会だからです」とマルチネスは言いました。

投票は予想外ではありませんでした。 日曜日の組合仮想タウンホールミーティングでは、出席した8000人のメンバーの約80%が、現状では直接仕事に戻りたくないと述べた、と組合当局者は語った。

過去の同様の状況で、地区は教師を彼らの遠隔の教室から締め出すと脅迫した、と当局者は付け加えた。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー