デジタル化

WordPress 5.9の新機能(機能とスクリーンショット)

( oneechanblog ) – WordPress 5.9 Betaは数日前にリリースされ、2022年1月25日にリリースされる予定です。これは2022年の最初のメジャーリリースであり、多くの新機能と改善が含まれます。

私たちは開発を注意深く監視し、テストサイトで新機能を試しています。

この記事では、機能とスクリーンショットを備えたWordPress5.9の新機能を簡単に紹介します。

ノート: WordPress Beta Testerプラグインを使用して、コンピューターまたはステージング環境でベータ版を試すことができます。

フルサイト編集

WordPress 5.9は、今年初めにWordPress5.8で最初に導入されたサイト編集機能に基づいて構築され続けます。

この次のリリースでは、サイト編集エクスペリエンスにさらに多くの機能が追加されます。 これらの新機能により、コードなしでWordPressテーマを簡単に編集できるため、独自のカスタムデザインのWebサイトを作成できます。

それでも、完全なサイト編集は、この新機能をサポートするテーマでのみ利用できます。

新しいサイト全体のブロック

WordPress 5.9では、サイト全体の編集用に特別に作成され、「テーマ」カテゴリにある10個の新しいブロックが導入されます。

5.9で導入されたテーマブロックのリストは次のとおりです。

ナビゲーション
テンプレートパート
ヘッダ
フッター
投稿者
次の投稿
前の投稿
コメントを投稿
用語の説明
アーカイブタイトル

ヒント: 必要に応じて、サイトエディターブロックをWordPressの投稿またはページ内で使用することもできます。

サイト全体のスタイルを追加する

サイトエディタのもう1つの重要な機能は、サイト全体に適用されるテーマの新しいスタイルを作成する機能です。 投稿やページを編集するときは、画面の右上隅にあるスタイルアイコンをクリックするだけです。

ここから、Webサイトのタイポグラフィと色を変更できます。

完了したら、これらの変更を個々のテンプレート、テンプレートパーツ、またはWebサイト全体のグローバルスタイルとして保存することを選択できます。

ブロックスタイルの変更

サイトエディタを使用すると、Webサイトで使用されている個々のブロックのスタイルを変更することもできます。

[スタイル]ボタンをクリックして、[ブロック]を選択するだけです。 編集およびカスタマイズできるブロックのリストが表示されます。

これにより、Webサイト全体の個々のブロックのスタイルを設定できます。 たとえば、ボタンの色をブランドの色に合わせて変更したり、見出しのフォントサイズを変更したりできます。

ナビゲーションメニューを追加する新しい方法

WordPress 5.9では、ナビゲーションメニューを編集するための新しい方法が導入されています。

まず、「メニュー」リンクが「ナビゲーションメニュー」に変更されていることに気付くかもしれません。

サポートされているテーマを使用している場合は、ここにナビゲーションメニューのタイトルを追加するだけです。

ナビゲーションメニューを実際に編集してアイテムを追加するには、サイトエディタの新しいナビゲーションメニューブロックを使用できます。

新しいナビゲーションメニューブロックを使用すると、ナビゲーションメニューの作成、新しいリンクの追加、色、間隔、配置などの調整を簡単に行うことができます。

新しいデフォルトのテーマ22

WordPress 5.9は来年の最初のメジャーリリースになるため、TwentyTwenty-Twoと呼ばれる新しいデフォルトテーマが付属します。

新しいデフォルトのテーマは、新しいサイトエディタで利用できるすべての優れた機能を利用しています。

これは、これまでで最も柔軟なデフォルトのWordPressテーマになるように設計されており、ユーザーがデザインのあらゆる側面を大幅に制御できるようにします。

Twenty Twenty-Twoは、見出しにSource SerifProフォントを使用した大胆でありながらミニマルなデザインが特徴です。

テーマには、コンテンツを作成するときにサイトエディターまたはブロックエディターで使用できる既製のパターンも多数付属しています。

フルサイト編集機能はエキサイティングですが、それでもWordPressテーマに依存します。

より簡単で柔軟なオプションが必要な場合は、SeedProdを試すことができます。 使用しているWordPressテーマに関係なく、Webサイトのカスタムページを簡単に作成できます。

WordPress5.9でのブロックエディターの改善

ほとんどのWordPressユーザーは、コンテンツの作成にほとんどの時間を費やしています。 そのため、各WordPressリリースには、ブロックエディターに追加された改善と新機能が付属しています。

セクションを簡単に移動

これで、ユーザーはツールバーのリストビューからセクションを移動できるようになります。 アイテムをクリックして上下に移動するだけです。

これにより、コンテンツのさまざまな部分に簡単にジャンプして移動できるため、レイアウトをすばやく再調整できます。

ナビゲーションブロック

サイトエディタのナビゲーションブロックは、WordPressの投稿やページ内でも使用できます。 これにより、記事またはランディングページにナビゲーションメニューを手動で作成できます。

たとえば、これを使用して、記事のさまざまな領域へのリンクを含む目次を作成できます。

より良いソーシャルアイコンとボタン

以前のバージョンのWordPressでは、ソーシャルアイコンやボタンを操作するときに、親ブロックと子ブロックのコントロールにアクセスするのが少し困難でした。

WordPress 5.9は、子ブロックが親ブロックのツールバーを使用できるようにすることで、より簡単になります。

より良い見出しコントロール

見出しブロックで、垂直ドロップダウンメニューから見出しレベルを選択できるようになりました。 また、見出しのタイポグラフィ、デザイン、マージン、および間隔のオプションが増えます。

ブロックエディタでのリッチURLプレビュー

以前は、投稿エディタでリンクにマウスを合わせると、URLのみが表示されていました。 WordPress 5.9は、投稿エディター内のリンクのリッチURLプレビューを取得して表示するようになりました。

ブロックエディタの個々のブロックには、他にも多くの改善があります。 それらはすべて、より多くの寸法、間隔、タイポグラフィ、およびその他のツールを提供することにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

ログイン時に言語を選択

WordPress Webサイトに複数の言語がインストールされている場合、ユーザーはログイン画面で好みの言語を選択できるようになります。

フードチェンジの下で

WordPress 5.9はまた、開発者が独自のテーマ、プラグイン、およびプロジェクトで探索および使用するための多くの変更をもたらします。

以下は、内部の変更の下でこれらのいくつかです:

WordPressコアのPHPTest Suiteは、PHPUnitPolyfillsライブラリを介してPHPUnit8.xをサポートするようになります(詳細を参照)
新機能 wp_get_post_revisions_url() ポストリビジョンのURLを取得します。 (#39062)
新しい wp_list_users()テンプレートタグが導入されます。 (#15145)

この記事で、WordPress5.9の新機能を垣間見ることができれば幸いです。

以下にコメントして、あなたが面白いと思う機能と、将来のWordPressリリースで見られるものを教えてください!

この記事が気に入った場合は、WordPressビデオチュートリアルのYouTubeチャンネルに登録してください。 あなたはまた私たちを見つけることができます ツイッター とFacebook。

WordPress 5.9の新機能(機能とスクリーンショット)の投稿は、WPBeginnerに最初に登場しました。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー