今年のインフルエンザシーズンについて知っておくべきこと

( oneechanblog ) – コロナウイルスのパンデミックが2回目の冬まで続く中、専門家はCOVID-19とインフルエンザシーズンの組み合わせについて再び懸念を抱いています。

デルタバリアントによって引き起こされたパンデミックの現在の急増は、医療システムを限界まで押し上げました。つまり、インフルエンザを含む他の病気の治療を求める患者は、住んでいる場所によっては治療を見つけることができない可能性があります。

専門家はまた、誰かがインフルエンザとCOVID-19に同時に感染する可能性について懸念を表明しています。 2020年に、専門家は、同時に循環している両方の病気が「風変わり」を引き起こす可能性があると言いました。

幸いなことに、ワクチンは両方の病気に利用できます。 コロナウイルスワクチンは安全で効果的であり、人が病気の重篤な症状を経験する可能性は非常に低いです。 インフルエンザワクチンは、循環するインフルエンザウイルスのほとんどがワクチンとよく一致している場合、病気の予防に40%から60%の効果があり、患者を病院から遠ざけるのに役立ちます。

関連している

早いように思われるかもしれませんが、NBCニュースの医療寄稿者であるナタリー・アザール博士は、今が人々が毎年のインフルエンザワクチンの接種を検討し始める良い時期であると述べました。

誰がインフルエンザワクチンを接種すべきですか?

「ほとんどの成人に推奨されるのは、10月末までに9月に接種することです」とアザール氏は述べ、妊娠後期の人は子供に抗体を与えるので、できるだけ早くインフルエンザの予防接種を受けるべきだと付け加えた。

子供は、ワクチンが利用可能になったときはいつでも、通常は7月または8月にワクチンを接種できます。

「子供たちはいつでもそれを手に入れることができる」とアザールは言った。 6ヶ月以上の子供はインフルエンザの予防接種を受ける資格があります。 2歳以上のほとんどの子供も点鼻薬のオプションの対象となります。

関連している

9月7日、米国小児科学会は、「すべてのインフルエンザ免疫化用量」は10月末までに完了する必要があるという声明を発表しました。 一部の子供はインフルエンザワクチンを2回接種する必要があるかもしれないので、親は計画を立てるときにそれを覚えておく必要があります。

「インフルエンザワクチンを初めて接種する6か月から8歳の子供、2021年7月1日より前に1回しか接種されていない、またはワクチン接種状況が不明な子供は、ワクチンが利用可能になり次第、ワクチンを接種する必要があります。 10月末までに4週間間隔で2回の接種を受けることができる」と述べ、データは「子供のワクチン接種の遅れ」を支持していないとも述べた。

ファインスタイン医学研究所のプライマリケア医兼研究者であるローレンブロック博士は、パンデミック時のインフルエンザの予防接種の重要性を忘れないことが重要であると述べました。

「ここにCOVIDがあり、罹患率と死亡率の点でそのような犠牲を払っているので、私たちは自分自身を守るためにできる限りのことをしなければなりません」とブロックは言いました。 「これにはCOVIDワクチンの接種も含まれますが、毎年のインフルエンザワクチンも忘れないでください。」

COVID-19ワクチンを接種した場合、いつワクチン接種を受けることができますか?

ブロック氏は、コロナウイルスワクチンの接種からインフルエンザの予防接種までの期間を待つ必要はないと述べた。 AAP声明では、COVID-19ワクチンとインフルエンザワクチンの同時投与も許可されていました。

「 『COVIDワクチンを接種したばかりだ』とか 『ブースターを考えている』とか心配している患者さんがたくさんいますが、インフルエンザの予防接種を受けるのを待つ必要があるということですか?」 そして答えはノーだ」と語った。 「(コロナウイルスとインフルエンザ)ワクチンの間に14日間待つ必要はありません。インフルエンザの予防接種をスケジュールするのは問題ありません。ワクチン接種を受けていないか、コロナウイルスワクチンの3回目の接種が推奨されている場合は、すぐに接種してください。可能な限り」

私または私の子供がCOVID-19に感染している場合はどうなりますか?

AAPによると、中等度または重度のCOVID-19の症例がある子供は、病気から回復するまでワクチン接種を受けるべきではありません。

ブロックは、COVID-19の症状がある間は、インフルエンザの予防接種を受けるべきではないと述べました。

関連している

「COVIDに感染している人は、感染がなくなるまで絶対に待つ必要があります。これには、予防的ケアを受けることも含まれます」とブロック氏は述べています。 「病気の場合はケアを受けることも1つですが、予防医療を受けている場合、CDCによると、症状が現れてから伝染性がなくなるまでには、原則として少なくとも10日かかるとのことです。経験則として、私は通常、症状が現れてから2週間待つように患者に言います。」

ただし、あなたまたはあなたの子供がCOVID-19から回復した後、予防接種を遅らせる必要はありません。

インフルエンザの予防接種を受けてはいけない人はいますか?

ブロック氏によると、インフルエンザワクチンは「死んでいる」か、生きたウイルスが含まれていないため、免疫力が低下している人や妊娠している人は安全に接種できます。 ワクチンの成分にアレルギーがある場合は、医師に相談してください。

6ヶ月未満の子供はインフルエンザワクチンを接種すべきではありません。 現在発熱している人は、症状が止まるまでインフルエンザワクチンを接種すべきではありません。

関連している:

Kerry Breenは、TODAY.comのレポーター兼副編集長であり、健康ニュースやポップカルチャーなどについて報告しています。 彼女はニューヨーク大学でジャーナリズムの修士号を取得しています。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー