スポーツ

サリはチェルシーを離れてユベントスに行くことを後悔している

( oneechanblog ) – 2019年の夏、サリ監督はチェルシーを離れてユベントスを率いることを決意し、ロンドンチームとの1年間の短期間を終えました。 2年以上後、イタリアの戦略家は最近、彼がイタリアに戻るのは間違っていると感じたことを認め、チェルシーのディレクター、マリーナ・グラノフスカイアは彼に留まることを望んでいたと述べた。

6月初旬にラツィオを率いてシモーネ・インザーギに代わって新たに任命されたサリは、当時のチェルシーには彼のサッカー哲学に完全に適合する選手がいたことを認めた。 最近、ジャーナリストのアルフレド・ペドゥラと共有し、イタリアの戦略家は強調した。

「チェルシーでミスを犯した。どうしてもイタリアに戻りたかった。 イタリアに戻りたいと思ったとき、マリーナは私がチェルシーを離れることを妨げました。 チェルシーは素晴らしいクラブであり、その後の数年間で、私にぴったりの若者をたくさん連れてきました。」

「私はチェルシーで1年間過ごしました。当時、ロマンアブラモビッチはイギリスに行けなかったので、ここにいないオーナーがいました。 かなり難しい状況ですが、それはすべてマリーナの手に委ねられており、彼女は対処すべき千の問題を抱えています。 サッカーの顔は、経済的能力を持たない人員のチームと共に私たちの手にあります。

その後、ティモ・ヴェルナー、カイ・ハフェルツ、メイソン・マウント、ハキム・ツィエクが登場しました。これらはすべて私と私のプレースタイルに合っています」とイタリアのストラテジストは付け加えました。

チェルシーでの最後の試合で、サリは2019年のヨーロッパリーグ決勝でブルースがアーセナルに4-1で勝利するのを助け、マネージャーとしての彼の最初の大勝利をもたらしました。 彼らはまた、そのシーズンのプレミアリーグのテーブルで3位に終わった。

あなたはおそらくそれも好きでしょう

より類似した投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー